マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の続編。
前作を観た人、それとリチャード・ギアを見たくて観た人も
多いのでは?

マリーゴールドホテル2

年齢を重ねても、知らなかったことに興味をもったり、
勇気をもって一歩踏み出せるような人でありたいものです。

、、、と言いながら、
「食べて、祈って、恋をして」もそうですが、外国人が訪れた
映画の中のインドはステキに見えるんですが、自分は
そこで暮らせるだろうか??とかって、もう躊躇してる。(T_T)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マリーゴールド・ホテルで会いましょう

それぞれの事情を抱えてインドのリゾートホテルに集う老境を迎えた
イギリス人男女七人の物語。

なぜか、映画の中のゆったり流れるインド時間がとても心地よかった。

マリーゴールドホテルで会いましょう

彼らの中に自分がいたら、どんな行動をしているだろうかなどと思いながら
観ていました。ラストでのイヴリン(ジュディ・デンチ)のナレーションが
深く心に沁みてしまいました。

"The only real failure is the failure to try.
And the measure of success is how we cope with disappointment
as we always must.
We came here and we tried, all of us, in our different ways.
Can we be blamed for feeling that we are too old to change?
Too scared of disappointment to start it all again?
We get up in the morning and we do our best.
Nothing else matters."


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鑑定士と顔のない依頼人

天才鑑定士が姿を見せない女性依頼人に翻弄され、しだいに心惹かれていく
恋愛ミステリーっていうことで観たんですけど、、、

鑑定士が集団詐欺にあってるって気がついた人は多かったようですけど、
管理人なんて、最後まで全然気がつきませんでしたよ~。



最後は、あーあーあー (><) とただ観てたのに、ハッピーエンドと観る見方もあるとのこと。
確かに深読みすれば、そう考えられる箇所もありますねぇって感じですかね。
(# ̄З ̄)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

007 スペクター

ダニエル・クレイグ演じるジェームズボンド映画の第4作目。
「スカイフォール」がすごーく良かったので、すごーく期待していたので、
あらら、、、、
007過去作へのオマージュいっぱいで、007フリークには評判が良かった
らしいですけど、そんなの知らないもんねー。



「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」「スカイフォール」は直接関係
している物語ではないにしても、伏線が張られていたわけで、本作が
実質最終話になるので少し残念。
モニカ・ベルッチも少しだけの登場で残念。

151129_img_05.jpg

最後まで、気になったのは、ボンドガールのレア・セドゥ。
キライな顔じゃないんですが、この映画の中ではどーしても可愛く見えなかった。
ごめんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

「ミッション:インポッシブル」シリーズの5作目。
はっきり言って、話のスジはどうでもよくて、トム・クルーズ演じる
イーサン・ハントが毎回派手なアクションで不可能と思われることを
やってのけるのを見て、爽快感を味わわせていただいている映画です。



↑こちらは、スタントマンなしで命綱をつけているとは言え、機体に張りついて、
空飛んでます。

Mission_Impossible-Rogue_Nation-Tom_Cruise-004.jpg

1作目から20年経ち、トム・クルーズも50を超えるお年ですが、いつまでも
若々しくて良いですな。

人に見られる仕事なのに、時々ひどくがっかりさせてくれる俳優さんいますよねー。
「えーーー!! 別人やん、、、」って。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。