アライバル

アライバル
作: ショーン・タン

文字のない絵本です。
サイレント映画を見ているような気分になります。

家族と別れ、移民として新たな場所でとまどいながら新しい生活を始める主人公。
最後は家族を呼び寄せることができて嬉しくなります。



とにかく独特で不思議な世界。
管理人的には、絵はなんとなく物悲しい印象を受けました。
見る人によって、違って見えるのかな?
絵だけで、これだけの物語を伝えられるって、かなりインパクトの
あった絵本でした。ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。